ホーム

 ヘーゲル哲学と論理学

   テキストの名称   内 容  
   『資本論』のヘーゲル哲学   レーニン『哲学ノート』、価値方程式とは     
    資本論のヘーゲル哲学入門 (1)    第1章ヘーゲル哲学事始実体、現象、形態・形式
  第2章ヘーゲル哲学と自然科学の概要
 
    『資本論』第1章のヘーゲル哲学    *資本論のヘーゲル哲学入門 (2)  
    ・実体と属性の哲学史(1)

      アリストテレスからヘーゲルへ 
  商品の物神的性格入門・・・価値実体の探求・・、

  ヘーゲルとマルクスの実体概念の再考
 
    実体と属性の哲学史(2)

     ヘーゲルとマルクス 
  西洋哲学史の実体概念  
    近代弁証法の源流 
      カント・ゲーテ・ヘーゲル
  ドイツ近代哲学の礎としての自然哲学

  『資本論』の膠状物・Gallertの語源背景
 
     ドイツ自然学の伝統 (編集中)   近代有機体論を継承した『資本論』の生態系