ホーム

 『経済学批判』 抄録


  Ⅰ. 『経済学批判』 第1章 商 品

 Ⅱ. 『経済学批判』 A 商品分析の歴史




 『資本論』 抄録


Ⅰ.『資本論』 第1篇 商品と貨幣

   『資本論』    
   序文  1.第1版の序文 2.第2版の後書 3.フランス語版の序文   
   第1章  第1節 商品の2要素  2017.08.28追加作成
      使用価値と価値 
(価値実体、価値の大いさ)
 
      第1節 商品の2要素 要約  第1節の論点
    1. バーボンの注について 
    2. ロック・バーボン論争 
     第2節 商品に表わされた労働の二重性 要約   ヘーゲル論理学の質と量について
      第3節 価値形態または交換価値 抄録・要約   単純な商品形態は貨幣形態の萌芽
      第3節 価値形態または交換価値、 

  A 単純な、個別的な、または偶然的な価値形態 3 等価形態 (全文)
 価値方程式と「物神性」の端緒について 
      第4節 商品の物神的性格とその秘密 (前半部)  
      第4節商品の物神的性格とその秘密 認知考古学と物神性 資料(1)   第4節 第6段落~第8段落 
      第4節 商品の物神性とコリン・レンフルーのキーワード  
 
  
*キーワード 1.物質的象徴、2.制度的事実、

           3.物質的関与と制度的事実


     
 第1巻資本の生産過程 第10章 相対的剰余価値の概念、第11章 協業、

 
 第13章 機械装置と大工業、 第7篇 資本の蓄積過程、

  第22章 剰余価値の資本への転化