ホーム


 資本論蒸留法ベーム・バヴェルク特集

 2017年8、9、10月 新着情報 「資本論蒸留法批判  全体更新:2017.10.14 



  特集
 『資本論』価値分析に対する“蒸留法”批判について 2017.10.14
    
        
ベーム・バーヴェルクと日本のマルクス経済学者たち


 
目次
 1. 第1部 <資料集
 2. 第2部 “蒸留法” 批判の解読
 3. 第3部
 商品の物神性とコリン・レンフルー理論


    
→ 編集委員会 まえがき *ペティは使用価値を労働に分解する 

   コラム9> 『資本論』第1章 「第1節入門」について ― ‟蒸留法”批判序論 ―


    コラム10> 資本の世界性について ― 商人資本に関する歴史的考察

  
 <コラム11> 重商主義 (1)    ― 村越信三郎の解説    


    <資料集> 解説・・・・作成中・・・2017.10.15



  第1部 資本論‟蒸留法”・資料集 -マルクス「労働価値論」批判と反批判


 1.  
ベーム・バヴェルク著 『マルクス体系の終結』  『資本論』 蒸留法批判

     1-2. 八木紀一郎著 「ベーム・バヴェルク」 紹介・抄録



 2.  日本のマルクス経済学者たちによる
ベーム・バヴェルク“蒸留法”批判の受入れ
         1-2. 宇野弘蔵 『 資本論研究 』 1967年   ・・・宇野経済学の蒸留法批判・・・
         1-3.  廣松渉 『 資本論の哲学 』 1974年
         1-4. 種瀬・富塚・浜野 『 資本論体系 』 1984年 (参考資料)
         1-5. 伊藤誠 『 資本論を読む 』 2006年
         1-6.  熊野純彦 『 マルクス 資本論の思考 』 2013年


 3.
 『資本論』の“蒸留法”(?) ― 第1章第1節「使用価値の捨象・抽象化」と『経済学批判』の比較

         3-1. 
ベーム・バヴェルクが指摘する『資本論』の蒸留法の当該箇所 ー 第1章 第1節
         3-2. 
『経済学批判』の「使用価値」 分析
         3-3. 
『経済学批判』の「交換価値」 分析


 4.  参考資料:ドイツ語と英語版の第1章第1節 使用価値の捨象・抽象化の「
原文確認
       
         4-2. 
翻訳問題3 ・・・・誤訳と誤読の連鎖・・・・工事中です・・


 5.  
『経済学批判』 A 商品分析の歴史  

         5-2. 
重商主義と商人資本 ー マルクス 「商人資本の歴史的考察


 6.
 ベーム・バヴェルク批判の「原点」を探ると・・・ 小林昇重商主義研究
   ・・マルクスの「価値分析法」を‟蒸留法”
というが、探究してみよう・・

    
小林昇著 : 重商主義時代の「商品と価値」概念
   
  6-1. ペティからスミスまで-商品把握の形成 『経済学の形成時代
     6-2. 
交換価値の真の尺度-労働価値説の創造 『国富論体系の成立

     6-3. ペティ以後における論点の展開-フランクリンとスミス 『経済学の形成時代』
          
資本論入門10月号・・・使用価値からの抽象化につづく・・・

 7.  更新:2017.09.17  *ベーム・バヴェルクとマルクス経済学者の「
読み違い
   
    0-2『資本論』 ペティと重商主義の時代 「労働価値説」の全体総括

    
ウィリアム・ペティとスチュアートの「商品と価値」
     7-1. 『政治算術』に現れているペティの「商品と価値」の認識について
     7-2. 『租税貢納論』、 成立とその構成
     7-3. 『アイルランドの政治的解剖』、 マルクス「労働価値論」と小林昇

     7-4. ジェームズ・
スチュアート 『経済学原理』 について  更新:2017.10.14
         (1) 
マルクスの「労働価値説」 と 小林 昇の解説
         (2) 『経済学原理』 第2篇 商業と工業について 第1、3、4 章 
         (3) 『経済学原理』 第2篇 第19章 初期商業、外国貿易、国内商業と、・・・
         
         第19、26章
*等価(物):equivalent ・『資本論』第1章第3節 等価形態:Äquivalentform
         (4) 『経済学原理』 第2篇 第26章 現代国家の臣民間の富のバランスの振動

         (5) <コラム12>『回想 小林 昇』スチュアートとスミスの農工分業論ー小林説への問題提起
         (6) 
『経済学原理』 中野 正訳者 序・・・スチュアート重商主義体系とスミスの産業資本・・


 8.  アダム・スミスとリカードの
「商品と価値」について

       8-1. 
古典派経済学=価値形態(価値の形式)の欠如

       8-2. 
アダム・スミスの労働価値説」の限界

       8-3. 
リカードの価値の大いさ」の分析

 9.  『資本論』 の解説・紹介など
     9-1. 
レーニン 『マルクスの経済学説



   
第2部 “蒸留法” 批判の解読  ・・・・以下、工事中です・・・・


 
1.  『資本論』 “蒸留法” 理解は、なぜ発生しているか?
     
 「マルクス経済学」 誤読と誤訳の人々

 
2.  “蒸留法”批判のための必読書・・・小林昇重商主義研究
      
 
3.  『資本論』“蒸留法”解読・・・謎解き

      ① 『資本論』第1章を読み解く・・・「歴史的に、論理的に」 全体構成する
      ② 第1節の商品分析と第4節商品の物神的性格とその秘密― 比較と差異分析
      ③ 「交換価値を生む労働は抽象的、一般的な労働である」 解読

 
   
交換価値は、<使用価値>社会的な性質規定性(Der *Tauschwert* erscheint so als
    
gesellschaftliche Naturbestimmtheit der <Gebrauchswerte> として、すなわち、これらの物と
    しての<使用価値>に与えられる規定性として表われる。そしてこの性質規定のために、
    これらの<使用価値>は交換過程で、ちょうど単純な化学的元素が一定の量的比率で化合し、
    化学的等価をなしているように、一定の量的比率で置き換えられ、等価をなしている。



    
第3部 商品の物神性とコリン・レンフルー理論 (準備体操)

 1.  “蒸留法”受容の日本的・歴史的背景
                    ・・・・ 
未成熟な「物神性」論の帰結―感覚的にして超感覚的」とは?

 2.  『経済学批判』とコリン・レンフルーの「
二元論」克服の様相

 3.  「商品の物神性」と
コリン・レンフルー理論 序論

 
4. コリン・レンフルー関連資料集   2017.10.25


  以 上