ホーム

   『資本論』 岩波書店 向坂逸郎訳


   
第1編 商品と貨幣 第1章 商品 

     
第1節 商品の2要素 使用価値と価値 (価値実体、価値の大いさ)

1-1
 資本主義的生産様式の支配的である社会の富は、「巨大なる商品集積(注1)」として現われ、個々の
商品はこの富の成素形態として現われる。したがって、われわれの研究は商品 の分析をもって始まる。

  
(注1) カール・マルクス『経済学批判』 「市民社会の富は、一見して、巨大な商品集積であり、個々の
  商品はこの富の成素的存在で あることを示している。しかして、商品は、おのおの、使用価値と
  交換価値という二重の観点で現われる。」
   〔
『経済学批判』アリストテレスの注:「何故かというに、各財貨の使用は二重になされるからである。・・
   ・・その一つは物そのものに固有であり、他の一つはそうではない。例えていえば、サンダ ルの使用は、
   はきものとして用いられると
共に交換されるところにある。両者共にサンダル の使用価値である
   何故かというにサンダルを自分のもっていないもの、例えば食物と交換 する人も、サンダルを利用して
   いるからである。しかし、これはサンダルの自然的な使用法 ではない。何故かいうに、サンダルは交換
   されるためにあるのではないからである。他の諸 財貨についても、事情はこれと同じである。」


1-2
 商品はまず第一に外的対象である。すなわち、その属性によって人間のなんらかの種類の欲望を
充足させる一つの物である。こ れらの欲望の性質は、それが例えば胃の腑から出てこようと想像によるもの
であろうと、こ との本質を少しも変化させない
(注2)。ここではまた、事物が、直接に生活手段として、
すなわち、享受の対象としてであれ、あるいは迂路をへて生活手段としてであれ、いかに人 間の欲望を充足
させるかも、問題となるのではない。
   
(注2)「願望をもつということは欲望を含んでいる。それは精神の食欲である。そして身体にたいする
    飢餓と同じように自然的なものである。・・・大多数(の物)が価値を有するのは、それが精神の欲望を
    充足させるからである」(ニコラス・バーボン『新貨幣をより軽く改鋳することにかんする論策、ロック氏
    の「考察」に答えて』 ロンドン、1696年、2-3ページ)。

1-3 鉄・紙等々のような一切の有用なる物は、質と量にしたがって二重の観点から考察され るべきものである。
このようなすべての物は、多くの属性の全体をなすのであって、したが って、いろいろな方面に役に立つこと
ができる。物のこのようないろいろの側面と、したがってその多様な使用方法を発見することは、歴史 的行動
(注3)である。有用なる物の量をはかる社会的尺度を見出すこともまたそうである 。商品尺度の相違は、
あるばあいには測定さるべき対象の性質の相違から、あるばあいには 伝習から生ずる。
   
(注3)「物は内的な特性(vertue ― これはバーボンにおいては使用価値の特別な名称である)をもって
    いる。物の特性はどこに行っても同一である。例えば、磁石は、どこにいっても鉄を引きつける」(同上、
    6ページ)。磁石の鉄を引きつける属性は、人がその性質を利用して磁極性を発見するにいたって
    初めて有用となった。

1-4 一つの物の有用性は、この物を使用価値にする(注4)。しかしながら、この有用性は 空中に浮かんで
いるものではない。それは、商品体の属性によって限定されていて、商品体なくしては存在するものではない。
だから、商品体自身が、鉄・小麦・ダイヤモンド等々と いうように、一つの使用価値または財貨である。
このような商品体の性格は、その有効属性を取得することが、人間にとって多くの労働を要するものか、少ない
労働を要するものか、ということによってきまるものではない。使用価値を考察するに際しては、つねに、
1ダースの時計、1エレの亜麻布、1トンの鉄等々というよ うに、それらの確定した量が前提とされる。商品の
使用価値は特別の学科である商品学(注 5)の材料となる。使用価値は使用または消費されることによって
のみ実現される。使用価 値は、富の社会的形態の如何にかかわらず、富の素材的内容をなしている。
われわれがこれ から考察しようとしている社会形態においては、使用価値は同時に-交換価値の素材的な
担 い手をなしている。


1-5
 交換価値は、まず第一に量的な関係として、すなわち、ある種類の使用価値が他の種類 の使用価値と
交換される比率として、すなわち、時とところとにしたがって、絶えず変化す る関係として、現われる(注6)。
したがって、交換価値は、何か偶然的なるもの、純粋に 相対的なるものであって、商品に内在的な、固有の
交換価値(valeur intrinseque)という ようなものは、一つの背理(注7)(contradictio in adjecto)のように
思われる。われわ れはこのことをもっと詳細に考察しよう。

1-6 一定の商品、1クォーターの小麦は、例えば、x量靴墨、またはy量絹、またはz量金等々 と、簡単に
いえば他の商品と、きわめて雑多な割合で交換される。このようにして、小麦は 、唯一の交換価値のかわりに
多様な交換価値をもっている。しかしながら、x量靴墨、同じく y量絹、z量金等々は、1クォーター小麦の
交換価値であるのであるから、x量靴墨、y量絹、z 量金等々は、相互に置き換えることのできる交換価値、
あるいは相互に等しい大いさの交換 価値であるに相違ない。したがって、第一に、同一商品の妥当なる
交換価値は、一つの同一 物を言い表している。だが、第二に、交換価値はそもそもただそれと区別さるべき
内在物の 表現方式、すなわち、その「現象形態」でありうるにすぎない。

1-7 さらにわれわれは二つの商品、例えば小麦と鉄をとろう。その交換価値がどうであれ、 この関係はつねに
一つの方程式に表わすことができる。そこでは与えられた小麦量は、なん らかの量の鉄に等置される。
例えば、1クォーター小麦=aツェントネル鉄というふうに。こ の方程式は何を物語るか?
二つのことなった物に、すなわち、1クォーター小麦にも、同様にaツェントネル鉄にも、同一大いさのある共通な
ものがあるということである。したがって、両つのものは一つの第三のものに等しい。この第三のものは、また、
それ自身 としては、前の二つのもののいずれでもない。両者のおのおのは、交換価値である限り、こ うして、
この第三のものに整約しうるのでなければならない。

1-8 一つの簡単な幾何学上の例がこのことを明らかにする。一切の直線形の面積を決定し、それを比較する
ためには、人はこれらを三角形に解いていく 。三角形自身は、その目に見える形と全くちがった表現-その
底辺と高さとの積の2分の1― に整約される。これと同様に、商品の交換価値も、共通なあるものに整約され
なければなら ない。それによって、含まれるこの共通なあるものの大小が示される。

1-9 この共通なものは、商品の幾何学的・物理的・化学的またはその他の自然的属性である ことはできない。
商品の形体的属性は、ほんらいそれ自身を有用にするかぎりにおいて、し たがって使用価値にするかぎりに
おいてのみ、問題になるのである。しかし、他方において 、商品の交換価値をはっきりと特徴づけている
ものは、まさに商品の使用価値からの抽象で ある。この交換価値の内部においては、一つの使用価値は、
他の使用価値と、それが適当の 割合にありさえすれば、ちょうど同じだけのものとなる。
あるいはかの老バーボンが言って いるように、「一つの商品種は、その交換価値が同一の大いさである
ならば、他の商品と同 じだけのものである。このばあい同一の大いさの交換価値を有する物の間には、
少しの相違 または差別がない(注8)。」


1-10
 使用価値としては、商品は、なによりもまずことなれる質のものである。交換価値と しては、商品はただ
量をことにするだけのものであって、したがって、一原子の使用価値を も含んでいない。

1-11 いまもし商品体の使用価値を無視するとすれば、商品体に残る属性は、ただ一つ、労働生産物という
属性だけである。だが、われわれにとっては、この労働生産物も、すでにわ れわれの手中で変化している。
われわれがその使用価値から抽象するならば、われわれは労 働生産物を使用価値たらしめる物体的な
組成部分や形態からも抽象することとなる。それは もは指物労働の生産物でも、建築労働や紡績労働や
その他なにか一定の生産的労働の生産物 でもない。労働生産物の有用なる性質とともに、その中に表わされ
ている労働の有用なる性 質は消失する。したがって、これらの労働のことなった具体的な形態も消失する。
それらは もはや相互に区別されることなく、ことごとく同じ人間労働、抽象的に人間的な労働に整約される。

1-12 われわれはいま労働生産物の残りをしらべて見よう。もはや、妖怪のような同一の対象性いがいに、
すなわち、無差別な人間労働に、いいかえればその支出形態を考慮すること のない、人間労働力支出の、
単なる膠状物というもの意外に、労働生産物から何物も残って いない。これらの物は、ただ、なおその生産に
人間労働力が支出されており、人間労働が累 積されているということを表わしているだけである。
これらの物は、おたがいに共通な、こ の社会的実体の結晶として、価値―商品価値である。

1-13 商品の交換関係そのものにおいては、その交換価値は、その使用価値から全く独立しているあるもの
として、現われた。もしいま実際に労働生産物の使用価値から抽象するとすれば、いま規定されたばかりの
労働生産物の価値が得られる。商品の交換比率または交換価値に表われている共通なものは、かくて、
その価値である。研究の進行とともに、われわれは価値の必然的な表現方式または現象形態としての
交換価値に、帰ってくるであろう。だが、この価値はまず第一に、この形態から切りはなして考察せらるべき
ものである。


1-14
 このようにして、一つの使用価値または財貨が価値をもっているのは、ひとえに、その中に抽象的に
人間的な労働が対象化されているから、または物質化されているからである。そこで、財貨の価値の大いさは
どうして測定されるか? その中に含まれている「価値形成実休」である労働の定量によってである。
労働の量自身は、その継続時間によって測られる。そして労働時間には、また時・日等のようか一定の
時間部分としてその尺度標準がある。

1-15 もしある商品の価値が、その生産の間に支出された労働量によって規定されるならば、ある男が怠惰で
あり、または不熟練であるほど、その商品は価値が高いということになりそうである。というのは、その商品の
製造に、この男はそれだけより多くの時間を必要とするからである。だが、価値の実体をなす労働は、等一の
人間労働である。同一人間労働力の支出である。商品世界の価値に表わされている社会の全労働力は、
ここにおいては同一の人間労働力となされる。もちろんそれは無数の個人的労働力から成り立っているので
あるが。これら個人的労働力のおのおのは、それが社会的平均労働力の性格をもち、またこのような社会的
平均労働力として作用し、したがって、一商品の生産においてもただ平均的に必要な、または社会的に必要な
労働時間をのみ用いるというかぎりにおいて、他のものと同一の人間労働力なのである。社会的に必要な
労働時間とは、現に存する社会的に正常な生産諸条件と労働の熟練と強度の社会的平均度とをもって、
なんらかの使用価値仝造り出すために必要とされる労働時間である。例えば、イギリスに蒸気織機が導入さ
れたのちには、一定量の撚糸を織物に変えるために、おそらく以前の半ばほどの労働で足りた。イギリスの
手織職人は、この織物に変えるために、実際上は前と同じように、同一の労働時間を要した。だが、彼の個人
的労働時間の生産物は、いまではわずかに半分の社会的労働時間を表わしているだけとなった。したがって、
その以前の価値の半ばに低落した。

1-16 そんなわけで、ある使用価値の価値の大いさを規定するのは、ひとえに、社会的に必要な労働の定量、
またはこの使用価値の製造に社会的に必要な労働時間にほかならないのである(9)。個々の商品は、
このばあい要するに、その種の平均見本にされてしまう。(10)同一の大いさの労働量を含む商品、または
同一労働時間に製作されうる商品は、したがって、同一の価値の大いさをもっている。ある商品の価値の
他の商品のそれぞれの価値にたいする比は、ちょうどその商品の生産に必要な労働時間の、他の商品の
生産に必要な労働時間にたいする比に等しい。
「価値としては、すべての商品は、ただ凝結せる労働時間の一定量であるにすぎない。」(11)


 (9) 第二版への注。「使用対象の価値は、それらが相互に交換されるときには、その生産に必然的に
要せられ、通例として投下される労働の量によって規定される」(『一般金利、とくに公債等における金利に
かんする二、三の考察』ロンドン、三六ページ)。この注目すべき前世紀の匿名書には日付がない。だが、
それがジョージ2世治下、およそ1739年または1740年に刊行されたものであることは、その内容から明らかである。

(10)「すべて同一種の産物は、本来、その価格が一般的にかつ特別の事情を考慮することなく規定
される一つの集塊であるにすぎない」(ル・トゥローヌ『社会的利益について』893ページ)。

(11)カール・マルクス『批判』6ページ〔ディーツ版『全集』第13巻、18ページ。邦訳、岩波文庫版、
26ページ。新潮社版『選集』第7巻、60ページ〕。

1-17 したがって、ある商品の価値の大いさは、もしその生産に必要な労働時間が不変であるならば、不変で
ある。しかしながらこの労働時間は、労働の生産力における一切の変化とともに変化する。労働の生産力は、
種々の事情によって規定される。なかでも、労働者の熟練の平均度、科学とその工学的応用の発展段階、
生産過程の社会的組み合わせ、生産手段の規模と作用力とによって、さらに自然的諸関係によって、
規定される。同一量の労働は、例えば豊年には 8ブッシェルの小麦に表わされるが、凶年には僅か
4ブッシェルに表わされるにすぎない。同一量の労働は、富坑においては、貧坑におけるより多くの金属を
産出する、等々。ダイヤモンドは、地殼中にまれにしか現われない。したがって、その採取には、平均して
多くの労働時間が必要とされる。そのために、ダイヤモンドは、小さい体積の中に多くの労働を表わしている。
ジェーコブは、金はいまだかつてその価値を完全に支払われたことはあるまい、といっている。このことは、
もっとつよくダイヤモンドにあてはまる。エッシュヴェーゲによれば、1823年、ブラジルのダイヤモンド坑80年間
の総産出高は、ブラジルの砂糖栽培とコーヒー栽培の1ヵ年半の平均生産物の価格にも達しなかった。
ダイヤモンド総産出高の方が、より多くの労働を、したがってより多くの価値を表わしていたのは勿論のことで
あったが。より豊かな鉱山では、同一の労働量がより多くのダイヤモンドに表わされ、その価値は低下するで
あろう。もし少量の労働をもって、石炭がダイヤモンドに転化されうるようになれば、その価値は練瓦以下に
低下することになるだろう。一般的にいえば、労働の生産力が大であるほど、一定品目の製造に要する
労働時間は小さく、それだけその品目に結晶している労働量は小さく、それだけその価値も小さい。逆に、
労働の生産力が小さければ、それだけ一定品目の製造に必要な労働時間は大きく、それだけその価値も
大きい。したがって、ある商品の大きさは、その中に実現されている労働の量に正比例し、その生産力に
逆比例して変化する。

  
*第一版には、次の一文がつづく。「われわれは、いまや価値の実体を知った。それは、労働
である。われわれは価値の大いさの尺度を知った。それは労働時間である。価値をまさに
交換価値にしてしまうその形態は、これから分析する。だが、その前に、すでにここで見出された
規定を、いま少し詳しく述べておかなければならぬ。」
―ディーツ版編集者


1-18
  物は、価値でなくして使用価値であるばあいがある。その物の効用が、人間にとって労働によって
媒介せられないばあいは、それである。例えば、空気・処女地・自然の草地・野生の樹木等々がそうである。
物によっては、有用であり、また人間労働の生産物であって、商品でないばあいがある。自分の生産物で自身の
欲望を充足させる者は、使用価値はつくるが、商品はつくらない。商品を生産するためには、彼は使用価値を
生産するだけではなく、他の人々にたいする使用価値、すなわち、社会的使用価値を生産しなければならぬ。
(そしてただに他の人々にたいして生産するだけではない。中世の農民は封建領主のために年貢の穀物を、
僧侶のために10分の1税の穀物を生産した。しかし、この年貢穀物も10分の1税穀物も、それらが他の人々の
ために生産されたということによって、商品となったわけではない。商品となるためには、生産物は、それが
使用価値として役立つ他の人にたいして、交換によって移譲されるのでなければならない。(11a))
最後にどんなものでも、使用対象でなくして、価値であることはできない。それが効用のないものであるならば、
その中に含まれている労働も効用がなく、労働のうちにはいらず、したがってまた、なんらの価値をも形成しない。
(11a)第4版への注。私はこのカッコ内の文句を入れた。というのは、この文旬を除くと、生産者以外の人々に
よって消費される生産物はすべてマルクスにおいて商品と考えられているという誤解が、きわめてしばしば
生じたからである。― F・E


*以上、第1節を終わります。