>>トップページに戻る>>

 商品の物神的性格とその秘密
 『資本論』第1章商品
 第四節 商品の
物神的性格とその秘密 Der Fetischcharakter der Ware und sein Geheimnis

 ■検索
 
1. 感覚的にして超感覚的な物
 2. お互いの労働は社会的の形態を得る
 3. 謎にみちた性質はこの形態から
 4. 商品形態の神秘・・・物神的性格・・・
 5. 私的労働の複合が社会的総労働
 6. 私的労働の二重の社会的性格
 7. 労働生産物の価値発見は人類史上の画期・・・新約聖書「ヨハネの黙示録」
 8. 彼等の社会的運動は物の運動形態をとる
 9. 価値性格の確定は貨幣表現から
 10.
商品世界の神秘

                                      >>資本論入門7月号 『経済学批判』の物神性>>


   
感覚的にして超感覚的な物
1.
 一つの商品は、見たばかりでは自明的な平凡な物であるように見える。
これを分析して見ると、商品はきわめて気むずかしい物であって、形而上学的小理屈(けいじじょうがくてきこりくつ)と

神学的偏屈(へんくつ)にみちたものであることがわかる。商品を使用価値として見るかぎり、私がこれをいま、
商品はその
属性によって人間の欲望を充足させるとか、あるいはこの属性は人間労働の生産物として得るもので
あるとかいうような観点のもとに考察しても、これに少しの神秘的なところもない。人間がその活動によって
自然素材の形態を、彼に有用な仕方で変えるということは、真昼のように明らかなことである。
例えば材木の形態は、もしこれで一脚の机を作るならば、変化する。それにもかかわらず、机が木であり、
普通の感覚的な物であることに変わりない。しかしながら、
机が商品として現われるとなると、感覚的にして
超感覚的な物に転化する。
机はもはやその脚で床(ゆか)の上に立つのみでなく、他のすべての商品にたいして
頭で立つ。そしてその木頭から、狂想を展開する、それは机が自分で踊りはじめるよりはるかに
不可思議なものである。(注1)
    (注1)シナと机とは、他のすべての世界が静止しているように見えたときに踊りはじめた
       (他の人々を元気づけるために)、ということが想い起こされる。

  お互いの労働は社会的の形態を得る
2.
 だから、商品の神秘的性質はその使用価値から出てくるものではない。それは、同じように価値規定の内容から
出てくるものでもない。なぜかというに、第一に、有用な労働または生産的な活動がどんなにいろいろあるにしても、
これが人間有機体の機能であり、かかる機能のおのおのが、その内容その形態の如何にかかわらず、本質的に
人間の脳髄と神経と筋肉と感覚器官等の支出であるということは、生理学的真理であるからである。
第二に、価値の大いさの規定の基礎にあるものは、すなわち、それらの支出の継続時間、または労働の量であるが、
この量は、労働の質から粉(まご)うかたなく区別できるといってよい。どんな状態においても、生活手段の生産に
用いられる労働時間は、発展段階のことなるにしたがって均等であるとはいえないが、人間の関心をもたざるを
えないものである。(注2)
 最後に、人間がなんらかの仕方でお互いのために労働するようになると、
その労働は、また社会的の形態をも得るのである。

   
 (注2)第二版への注。古代ゲルマン人においては、一モルゲンの土地の大いさは、一日の労働にしたがって
 はかられた。したがって、一モルゲンは(日仕事)(男仕事)(男力)(男草地)(男刈地)等々と呼ばれた。ゲオルク・
 ルートヴィヒ・フォン・マウレル『マルク・農園・村落および都市諸制度ならびに公権の歴史序説』ミュンヘン、1854年


  
謎にみちた性質はこの形態から
3.
 それで、労働生産物が、商品形態をとるや否や生ずる、その謎にみちた性質はどこから発生するのか
明らかにこの形態自身からである人間労働の等一性は、労働生産物の同一なる価値対象性の物的形態をとる。
人間労働力支出のその継続時間によって示される大小は、労働生産物の価値の大いさの形態をとり、
最後に
生産者たちの労働のかの社会的諸規定が確認される、彼らの諸関係は、労働生産物の社会的関係
という形態をとるのである。


   
商品形態の神秘 ・・・物神的性格・・・
4.
 それゆえに、商品形態の神秘に充ちたものは、単純に次のことの中にあるのである。
すなわち、
商品形態は、人間にたいして彼ら自身の労働の社会的性格を労働生産物自身の対象的性格として、
これらの物の社会的自然属性として、反映するということ、したがってまた、総労働にたいする生産者の社会的
関係をも、彼らのほかに存する対象の社会的関係として、反映するということである。
このquid proquo(とりちがえ)によって、労働生産物は商品となり、感覚的にして超感覚的な、または社会的な物
となるのである
。このようにして、ある物の視神経にたいする光印象は、視神経自身の主観的刺激としてでなく、
眼の外にある物の対象的形態として示される。
しかしながら、視るということにおいては、実際に光がある物から、すなわち外的対象から、他のある物、
すなわち眼にたいして投ぜられる。それは物理的な物の間における物理的な関係である。これに反して、商品形態と
それが表われる労働諸生産物の価値関係とは、それらの物理的性質やこれから発出する物的関係をもっては、
絶対にどうすることも出来ないものである。
このばあい、人間にたいして物の関係の幻影的形態をとるのは、人間自身の特定の社会関係であるにすぎない。

したがって、類似性を見出すためには、われわれは宗教的世界の夢幻境にのがれなければならない。
ここでは人間の頭脳の諸生産物が、それ自身の生命を与えられて、相互の間でまた人間との間で相関係する
独立の姿に見えるのである。商品世界においても、人間の手の生産物がそのとおりに見えるのである。
私は、これを
物神礼拝と名づける。
それは、労働生産物が商品として生産されるようになるとただちに、労働生産物に付着するものであって、
したがって、商品生産から分離しえないものである。


  
商品世界の物神的性格・・・労働の独特な社会的性格・・・
5.
 商品世界のこの物神的性格は、先に述べた分析がすでに示したように、商品を生産する労働の独特な
  社会的性格から生ずるのである。


   
私的労働の複合が社会的総労働
6. 使用対象が一般に商品となるのは、もっぱらそれが相互に相独立して営まれる私的労働の生産物であるから
である。これらの私的労働の複合が社会的総労働をなす。
生産者たちは、彼らの労働生産物の交換によって、はじめて社会的接触にはいるのであるから、彼らの私的労働の
特殊的に社会的なる性格も、この交換の内部においてはじめて現われる。いい換えると、私的労働は、事実上、
交換のために労働生産物が、そしてこれを通じて生産者たちが置かれる諸関係によって、はじめて社会的総労働の
構成分子たることを実証する。したがって、生産者たちにとっては、
彼らの私的労働の社会的連結は、
あるがままのものとして現われる。
すなわち、彼らの労働自身における人々の直接に社会的な諸関係としてでなく、むしろ人々の物的な諸関係として、
また
物の社会的な諸関係として現われるのである。


  
私的労働の二重の社会的性格
7.
 労働生産物はその交換の内部においてはじめて、その感覚的にちがった使用対象性から分離された、社会的に
等一なる価値対称性を得るのである。労働生産物の有用物と価値物とへのこのような分裂は、交換がすでに充分な
広さと重要さを得、それによって有用物が交換のために生産され、したがって事物の価値性格が、すでにその生産
そのもののうちで考察されるようになるまでは、まだ実際に存在を目だたせるようにはならない。この瞬間から、
生産者たちの私的労働は、事実上、二重の社会的性格を得るのである。
これらの私的労働は、一方においては特定の有用労働として一定の社会的欲望を充足させ、そしてこのようにして
総労働の、すなわち、社会的分業の自然発生的体制の構成分子であることを証明しなければならぬ。これらの私的
労働は、他方において、生産者たち自身の多様な欲望を、すべてのそれぞれ特別に有用な私的労働がすべての
他の有用な私的労働種と交換されうるかぎりにおいて、したがって、これと等一なるものとなるかぎりにおいてのみ、
充足するのである。(全く)ちがった労働が等しくなるということは、それが現実に不等一であることから抽象される
ばあいにのみ、それらの労働が、人間労働力の支出として、抽象的に人間的な労働としてもっている共通な性格に
約元されることによってのみ、ありうるのである。

私的生産者の脳髄は、彼らの私的労働のこの二重な社会的性格を、ただ実際の交易の上で、生産物交換の中で
現われる形態で、反映するのである。すなわち――したがって、彼らの私的労働の社会的に有用なる性格を、
労働生産物が有用でなければならず、しかも他人にたいしてそうでなければならぬという形態で――異種の労働の
等一性の社会的性格を、これらの物質的にちがった物、すなわち労働生産物の共通な価値性格の形態で、
反映するのである。


  
労働生産物の価値発見は人類史上の画期をなす
8.
 したがって、人間がその労働生産物を相互に価値として関係させるのは、これらの事物が、彼らにとって
同種的な人間的労働の、単に物的な外被(がいひ)であると考えられるからではない。逆である、彼らは、その各種の
生産物を、相互に交換において価値として等しいと置くことによって、そのちがった労働を、相互に人間労働として
等しいと置くのである。彼らはこのことを知らない。しかし、彼らはこれをなすのである。
したがって、価値のひたいの上には、それが何であるかということは書かれていない。→新約聖書「ヨハネの黙示録

価値は、むしろあらゆる労働生産物を、社会的の象形文字(しょうけいもじ)に転化するのである。後になって、
人間は、彼ら自身の社会的生産物の秘密を探(さぐ)るために、この象形文字の意味を解こうと試みる。なぜかというに、
使用対象の価値としての規定は、
言語と同様に彼らの社会的な生産物であるからである。労働生産物が、
価値である限り、その生産に支出された人間労働の、単に物的な表現であるという、後の科学的発見は、人類の
発展史上に時期を画するものである。しかし、決して労働の社会的性格の対象的外観を逐(お)い払うものではない。
この特別なる生産形態、すなわち、商品生産にたいしてのみ行なわれているもの、すなわち、相互に独立せる
私的労働の特殊的に社会的な性格が、人間労働としてのその等一性にあり、そして労働生産物の価値性格の形態を
とるということは、かの発見以前においても以後においても、商品生産の諸関係の中に囚(とら)われているものに
とっては、あたかも空気をその成素に科学的に分解するということが、物理学的物体形態としての空気形態を存続
せしめるのを妨げぬと同じように、終局的なものに見えるのである。


  物の運動の形態をとりその運動に規制される
9.
 生産物交換者がまず初めに実際上関心をよせるものは、自分の生産物にたいしてどれだけ他人の生産物を
得るか、したがって、生産物はいかなる割合で交換されるかという問題である。このような割合は、ある程度習慣的な
固定性をもつまでに成熟すると同時に、労働生産物の性質から生ずるように見える。したがって、例えば1トンの鉄と
2オンスの金とは、1ポンドの金と1ポンドの鉄が、その物理学的化学的属性を異にするにかかわらず同じ重さである
ように、同じ価値であることになる。事実、労働生産物の価値性格は、価値の大いさとしてのその働きによって
はじめて固定する。この価値の大いさは、つねに交換者の意志、予見、行為から独立して変化する。
彼ら自身の
社会的運動は、彼らにとっては、物の運動の形態をとり、交換者はこの運動を規制するのではなくして、
その運動に規制される。
相互に独立して営まれるが、社会的分業の自然発生的構成分子として、あらゆる面に
おいて相互に依存している私的労働が、継続的にその社会的に一定の割合をなしている量に整約されるのは、
私的労働の生産物の偶然的で、つねに動揺せる交換諸関係において、
その生産に社会的に必要なる労働時間が、
規制的な自然法則として強力的に貫かれること
、あたかも家が人の頭上に崩れかかるばあいにおける重力の法則
のようなものであるからであるが(注3)、このことを、経験そのものの中から科学的洞察が成長してきて看破するに
至るには、その前に完全に発達した商品生産が必要とされるのである。

労働時間によって価値の大いさが規定されるということは、したがって、相対的商品価値の現象的運動のもとに
かくされた秘密である。
その発見は、労働生産物の価値の大いさが、単なる偶然的な規定であるという外観をのぞく
が、しかし、少しもその事物的な形態をなくするものではない。
    (注3)「周期的な革命によってのみ貫徹されうる法則を何と考えるべきであろうか?それはまさしく一つの
     自然法則であって、関与者たちの無意識にもとづいているものなのである」 (フリードリヒ・エンゲルス
     『国民経済学批判大綱』、『独仏年誌(アーノルト・ルーゲおよびカール・マルクス編、パリ、1844年)


   価値性格の確定は、貨幣表現から
10.
 人間生活の諸形態に関する思索、したがってまたその科学的分析は、一般に現実の発展とは対立した途を進む。
このような思索は、(後から)始まり、したがって、発展過程の完成した成果とともに始まる。労働生産物に商品の刻印を
捺(お)し、したがって、商品流通の前提となっている形態が、すでに社会生活の自然形態の固定性をもつようになって
はじめて、人間は、彼らがむしろすでに不変であると考えている、このような諸形態の歴史的性質についてでなく、
それらの形態の内包しているものについて、考察をめぐらすようになる。このようにして、
価値の大いさの規定に
導いたのは、商品価格の分析にほかならず、その価値性格の確定に導いたのは、商品が共同してなす貨幣表現
ほかならなかったのである。

ところが、私的労働の社会的性格を、したがって、私的労働者の社会的諸関係を明白にするかわりに、実際上蔽い
かぶせてしまうのも、まさに商品世界のこの完成した形態――貨幣形態――である。私が、上衣、深靴等々は、
抽象的人間的労働の一般的体現としての亜麻布に関係しているというとすれば、この表現の倒錯(とうさく)は、
目を射るように明らかである。しかし、もし上衣や深靴等々の生産者たちが、これらの商品を一般的等価としての
亜麻布に――あるいは事実上すこしもことなるところはないのだが、金や銀に―関係せしめるとすれば、
彼らにとっては、その私的労働の社会的総労働にたいする関係は、正確にこの倒錯した形態で現われる。


   商品世界の一切の神秘、一切の魔術と妖怪は、他の諸生産形態に移って見ると消えてなくなる
11.
 このような形態が、まさにブルジョア的経済学の諸範疇(しょはんちゅう)をなしているのである。
それは、この歴史的に規定された社会的生産様式の、すなわち、商品生産の生産諸関係にたいして、社会的に
妥当した、したがって客観的である思惟形態なのである。それゆえに、
商品生産にもとづく労働生産物を、
はっきり見えないようしている商品世界の一切の神秘、一切の魔術と妖怪は、われわれが身をさけて、
他の諸生産形態に移って見ると消えてなくなる。

  >>資本論入門7月号 『経済学批判』の物神性>>


 以上、前半終了