ホーム


文献資料
     デカルト「自然学の体系」と『宇宙論』


 資本論ワールド 編集部

 デカルト『宇宙論または光論』 要約・抄録集

 神野慧一郎訳 中央公論社 世界の名著 1967年発行


目次
 Ⅰ.・・>

第1章 われわれの諸感覚とその諸感覚を生みだす事物との差異について
第2章
火の熱と光はなんであるか
第3章
堅さおよび流動性について
第4章
空虚について。また、われわれの感覚がある物体を知覚しないのはどうしてか

 Ⅱ.・・>
第5章 元素の数とその性質について
第6章
新しい世界の記述。その世界を構成する物質の諸性質について
第7章
この新しい世界の自然法則について

 Ⅲ.・・>
第8章 この新しい世界の太陽と星の形成について
第9章 遊星と彗星の起原とコースの一般論。特に彗星について
第10章 遊星一般について。とくに地球と月について
第11章 重さについて

 Ⅳ.・・>
第12章 海の干潮と満潮について
第13章
光について
第14章
光の諸性質について
第15章
新しい世界の天空の様相は、そこの住人にとっては、われわれの世界の天空の様相と同じように見えるはずであること