ホーム


 
資本論用語事典2021
  『資本論』の
有機体系 Organismus 準備テキスト


 ヘーゲル『自然哲学』
  (第3版1830年)

      加藤尚武訳 岩波書店 1999年発行


 資本論ワールド 編集部

1.
 ヘーゲルの「自然哲学」は、『エンチュクロペディ-』)(初版1817年,第3版1830年)第2篇に編集されています。『西洋哲学史』のシュヴェーグラーが簡潔に次のように要約しています。
 「ヘーゲルの体系は、知識の行程によって三部門にわかれる。(1)純粋な、あらゆる精神的および自然的生命の根底にある(非時間的に先だつ)普遍的概念すなわち思考規定の発展、絶対者の論理的展開――論理学。 (2)実在する世界すなわち自然の発展――自然哲学。 (3)観念的な世界の発展、すなわち法、道徳、国家、芸術、宗教、学問のうちで自己を実現しつつある具体的な精神の発展――精神哲学。 ――体系のこの三部門は同時に、ヘーゲルの絶対的方法の三つの契機である肯定、否定および両者の統一を表現している。絶対者は最初は素材をもたぬ純粋な思想である。次にそれは純粋思想の他在、それが時間と空間のうちで分散したもの、すなわち自然である。第三にそれはこのような自己疎外から自分自身へ帰り、自然という他在を克服して、自分自身を知る真の思想、すなわち精神となる。」

 21世紀の現在からヘーゲル哲学を振り返るとき、その特徴はヘーゲル時代の「思考規定 (思考形式の枠組み) の発展」を体現しているものと言えます。弁証法をあらゆる領域に駆使した広大な知性は、今日でも汲みつくせない大海原の震源です。
 ところで、マルクスはいったい”ヘーゲルの根源”の何処を継承したのでしょう。 資本論ワールドでは、尽きないヘーゲル海原とマルクスの接点を探ってゆきます。そこで、『資本論』の科学史を参照すると・・・・

 
1. カント批判哲学との継承では、第1部力学 A 空間と時間 「a 空間」が参考になります。また、
 
2. 弁証法では、B 物質と運動 においてヘーゲルの基礎概念が克明に展開されています。
 
3. 『資本論』のElementarform/原点から序列・体系では、「第3部 有機体の物理学」が有意義です。
 
4. また、『資本論』 第3章 「商品の変態 Die Metamorphose der Waren」は、『自然哲学』§341、343(形態変容Metamorphose )、さらに、有機体-ヘーゲル”細胞生命”の基礎形式の「ゲル・ Gallert」と『資本論』のGallert(膠状物)の結束点を伺い知ることができます。
 これら一連の19世紀科学を望見して、はじめてマルクスの「叙述の形式」に辿りつけるのでしょう。

2.
 では『資本論』の科学史をスケッチ風にみると、特徴的な形式(叙述の仕方)が浮き彫りになってきます。、
 
A: 「歴史的に、論理的」な叙述形式の展開過程が実証されます。
 
B: マルクスが活動した西洋の時代風景-19世紀の科学が多方面にわたっています。
  まず
A:の論理展開として、
  1) Element (元素, 要素)の情報原理が展開され、ヘーゲル哲学・論理学の
形式 Form を準用しています。
  2) マルクスはForm・形式 を、”Elementarform の形式化(表現の型式:Ausdrucksweise)” として創始しました。
 つぎに
B:当時の科学言語で、『資本論』の論理展開の基軸としています。いくつかを列挙すれば、
 ①
Element / 元素は, 古代ギリシャ思想やヘーゲル『エンチュクロペディ-』§286 c元素の過程など。
 ②
Gallert / 膠状物は, 19世紀のドイツ生物史・細胞学用語。コロイド colloid のドイツ語
 ③
Gleichung / 方程式は, デカルト数学や17世紀方程式の代数的解法など。
 ④
Fetischcharakter / 物神的性格・フェティシュは, 「18世紀、ド・ブロスのフェティッシュ宗教批判からの転用」
 ⑤
W-G-W, G-W-G / 商品・貨幣の流通形式, は有機化学の化学式・構造式の表示モデルから援用。
 ⑥ Metamorphose / 変態は, ゲーテ形態学とメタモルフォーゼから応用。
  このように、マルクスはドイツ語圏を先頭に、西洋各地の19世紀科学史を準用しています。こうした論述方法による論理学の組立てが、”ヘーゲルの弟子”を自認しているものと推察できます。

   .............  ...............

   ヘーゲル 
『自然哲学』

  第1部 力 学


 
 第2部 物理学

  第3部 有機体の物理学



 
目 次
 緒 論
 第1部 力 学 (§253-271)
 A 空間と時間
  ・a 空間
  ・b 時間
  ・c 場所と運動
 B 物質と運動
  ・a 慣性的物質
  ・b 衝突
  ・c 落下

 
第2部 物理学 (§272-336)
 A 普遍的な個体性の物理学
  ・a 自由な物理的物体
   α 光
   β 対立の天体
   γ 個体性をもつ天体
  ・b 元素
   α 空気
   β 対立の元素
   γ 個体的元素
  ・c 元素的な過程
 B 特殊な個体性の物理学
  ・a 比重
  ・b 凝集状態
  ・c 響き
  ・d 熱
 C 統合された個体性の物理学
  ・a 形態
  ・b 個体的な物体の特殊化
   α 光との関係
   β 特殊的な物体性の側にある区別
   γ 特殊的な個体性の統合―光
  ・c 化学的な過程
   α 合一
 1 ガルヴァーニ電気
 2 火の過程
 3 中和化、水の過程
 4 統合された過程
   β 分離

 
第3部 有機体の物理学 (§337-376)
  A 地質学的な自然
  B 植物的な自然
  C 動物の有機体
   ・a 形態
   ・b 同化
   ・c 類の過程
    α 類と種
    β 性関係
    γ 個体の病気
    δ 個体のおのずからなる死 ・・・・・

 
  ****   *****