ホーム


  文献資料一覧 2020

  「社会の富」と古典派経済学  2020.03.18


1.
 アダム・スミス 『諸国民の富

2.
 重商主義時代の「商品と価値」 その(1)
  
小林 昇著 『経済学の形成時代1961年 ペティからスミスまで商品把握の形成 

3.  重商主義時代の「商品と価値」 その(2)
  
小林 昇著 『国富論体系の成立 1977年
  第3章 交換価値の真の尺度-労働価値説の創造 

4.  内田義彦 著 『経済学の誕生』2018-1月号
 
<コラム15> 『国富論』における市民社会の概念と分析視角
 
5.  『資本論』生誕150周年 アダム・スミスからマルクスへ
   
内田義彦 著 『経済学史講義 1961-
   〔スミス古典派経済学とマルクスの経済学との対比〕


6.
 <コラム14> 大内兵衛『諸国民の富』解題/要約 2020.03.14
  

7.  資本論入門9月号 重商主義から資本主義へ
  
ペティ, スチュアートからアダム・スミスの時代
  「歴史的に、論理的に」 商品と価値の発展過程の研究
  ー資本論“蒸留法”解釈の批判的探究ー

8. ペティの使用価値-労働
  『資本論』第2節 商品に表わされた労働の二重性 (2-8)  
 「 2-8、労働はその生産する使用価値の、すなわち素材的富の、唯一の源泉ではない。ウィリアム・ペティがいうように、労働はその父であって、土地はその母である。」 (岩波文庫、p.81)

9.  > 参照→『経済学批判』 A 商品分析の歴史 ペティ


10.
 『資本論』 第4節 注31, 32, 33 古典派経済学(注)

     マルクスによる「古典派経済学批判」
 「古典派経済学に、商品の、とくに商品価値の分析から、まさに価値を交換価値たらしめる形態〔 Form:形式 〕を見つけ出すことが達成されなかったということは、この学派の根本欠陥の一つである。」  (注32、岩波文庫p.145) 



11. その他.
  →国富論と分業生産力・市民社会2020.03.16
  →諸国民の富の要約参照テキスト2020.03.106

  →アダム・スミスと古典派経済学(1)2020.03.14