ホーム


 ゼンナート
(英語表記)Daniel Sennert

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説 ゼンナート Daniel Sennert (1572―1637)



 ドイツの医師、化学者
。ブレスラウ(現、ポーランドのブロツワフ)に生まれ、1602年ウィッテンベルク大学医学教授となった。生命現象を化学作用ととらえ、化学的医薬を重視するパラケルスス派の医化学者(イアトロケミスト)であったが、そのような薬物への過信を戒め、伝統的なガレノス医学の四体液説との折衷を図った。化学理論においてもパラケルススの三原質説(硫黄(いおう)・塩・水銀)をとったが、それらは究極的にはアリストテレスの四元素(火・気・水・土)からなるとして、両説を融合しようとした。また原子論的な見方をも取り入れ、蒸留・溶解・凝結などの化学的変化を物体の最小粒子への分解と再結合によるとしたが、徹底した機械論の見地にたつことはなかった。[内田正夫]



 →Wikipedia (ウィキペディア)
https://en.wikipedia.org/wiki/Daniel_Sennert
Daniel Sennert (November 25, 1572 – July 21, 1637) was a renowned German physician and a prolific academic writer, especially in the field of alchemy or chemistry. He held the position of professor of medicine at the University of Wittenberg for many years.