Top


『資本論』第1版  第1部 資本の生産過程

 
第1章 商品と貨幣   〔中見出しと段落番号:編集部〕



  
(1) 商 品

     
〔中見出しは、編集部作成: 1. 社会の富と商品の分析〕



1. 資本主義的生産様式が支配的に行われている諸社会の富は、一つの「巨大な商品集合体(1)」として現われており、一つ一つの商品は、その富の基本形態として現われている。それだから、われわれの研究は商品の分析をもって始まるのである

 (1) カール・マルクス『経済学批判』、ベルリン、1859年』、4ページ。〔*注1

 〔*注1〕 「商品は、イギリスの経済学者達の言葉でいえば、まず第一に「人生にとって必要であり、有用であるか、あるいは快適であるなんらかの物」、すなわち人間の欲望の対象、最広義においていう生活手段である。使用価値であるという商品の固有性(ダーザイン:Dasein)とその手でつかみうる自然的な存在とは一致する。例えば、小麦は、綿花、硝子、紙等等の使用価値と区別された一つの特別な使用価値である。」



   
〔2. バーボンの「注2」と本文対比〕

 
商品は、まず第一に、外的な対象であり、その諸属性によって人間のなんらかの種類の諸欲望を満足させる物である。これらの欲望の性質は、それらが、たとえば胃袋から生ずるものであろうと、空想から生ずるものであろうと。少しも事柄を変えるものではない(2)。ここではまた、どのようにして物が人間の欲望を満足させるか、直接に生活手段として、すなわち受用の対象としてか、それとも回り道をして、生産手段としてか、ということも問題ではない。

 
(2) 「願望は欲望を含んでいる。願望は精神の食欲なのであって、肉体にとって空腹が自然的であるのと同じように自然的なのである。……大多数(の物)は、それらが精神の欲望を満足させるからこそ、それらの価値をもっているのである。」 二コラス・バーボソ『より軽い新貨幣の鋳造に関する一論究。ロック氏の諸考察に答えて。ロンドン、1696年』、2、3へージ



   
〔3. 有用な物nutzliche Dingと商品尺度Waarenmasse〕

 
それぞれの有用な物、たとえば鉄や紙などのような物は、二重の観点から、すなわち質の面と量の面とから、考察されるべきである。このような物は、それぞれが、多くの属性をもつ一つの全体なのであって、それゆえに、いろいろな面から見て有用でありうる。これらのいろいろな面と、したがってまた諸物のさまざまな使用方法とを発見することは、歴史的な行為である(3)。有用な諸物の量を計るための社会的な諸尺度を見いだすことも、やはりそうである。いろいろな商品尺度の相違は、一部は、計られる諸対象の性質の相違から生じ、一部は、慣習から生ずるのである

 
(3) 「諸物は、一つの内的な効力(これは、バーボンにあっては使用価値を意味する独自な表現である)をもっているのであって、それらの物はすべての場所において同じ効力をもっているのである。たとえば、磁石が鉄をひきつけるというように。」(同前、2(16ページ)。鉄をひきつけるという磁石の属性は、それを手がかりとして磁極が発見されたとき、はじめて有用になったのである。



  
〔4. 物の有用性 Nutzlichkeit eines Dingsと
       素材的な担い手 stofflichen Trager〕


 
人間の生活にとっての、ある一つの物の有用性は、その物を使用価値にする(4)。われわれは、このことを省略して、たとえば鉄や小麦やダイヤモンドなどのような、有用な物そのもの、または商品体を、使用価値、財貨、物品と呼んでいる。使用価値の考察にさいしては、つねに、量的な被規定性が前提される。たとえば、1ダースの時計とか1エレのリンネルとか1トンの鉄などというように。諸商品の諸使用価値は、一つの独自な学科である商品学の材料を提供する(5)。使用価値は、ただ使用または消費においてのみ実現される。使用価値は、ただ使用または消費においてのみ実現される。。われわれによって考察されるべき社会形態においては、諸使用価値は同時に素材的な担い手をなしている-交換価値の。

 
(4) 「およそ物の自然的な価値は、いろいろな欲望を満足させるとか人間の生活の便宜に役だつとかいう、その物の適性に存する。」 (ジョン・ロック『利子引下げの諸結果についての若干の諸考察。1691年』、所収、『著作集。ロンドン、1777年版』、第2巻、28ページ)。17世紀にはわれわれはまだしばしばイギリスの著述家たちのあいだでは?Worth“を使用価値の意味に、?Value“を交換価値の意味に用いているのを見いだすのであるが、それは、まったく、直接的な事物をゲルマン語で表現し、反省された事物をロマン語で表現する、ということを好む一つの言語の精神において行なわれているのである。

 
(5) ブルジョア社会においては、どの人間も商品の買い手としては百科辞典的な商品知識をもっている、という擬制が支配的である。



   
〔5. 内在的な交換価値 immanenter Tauschwerth と
        形容矛盾 contradictio in adjecto〕


 
交換価値は、まず第一に、ある一つの種類の諸使用価値が他の種類の諸使用価値と交換される量的な関係、すなわち割合(6)として現われるのであって、それは、時と所とにょって絶えず変動する関係である。それだから、交換価値は、ある偶然的なもので純粋に相対的なものであるように見え、したがって、商品に内的な、内在的な交換価値(valeurintrinseque)というものは、一つの形容矛盾(7)であるように見えるのである。このことをもっと詳しく考察してみょう。

 
(6) 「価値とは、ある物と他のある物とのあいだに、ある生産物量と他のある生産物量とのあいだに、成立する交換関係である。」(ル・トローヌ『社会的利益について』。重農学派。デール編。パリ、1846年。889ページ。)
 
(7) 「どんなものも、内的な価値をもっていることはありえない」(N・バーボン『より軽い新貨幣の鋳造に関する一論究』、16ページ)、または、バトラーが言っているところでは、「ある物の価値は、ちょうどその物がもたらすであろうだけのものである。



  
〔6. 交換価値の表現様式 Ausdrucksweise des Tauschwerth〕

 
ある一つの商品、たとえば1クォターの小麦は、きわめてさまざまに違っている割合で他の諸物品と交換される。それにもかかわらず、この小麦の交換価値は、x量の靴墨で表現されようと、y量の絹とかz量の金などで表現されようと、不変のままである。だから、この交換価値は、それのこのようないろいろな表現様式からは区別されうるものでなければならないのである。


 
 〔7.  方程式Gleichung:等式は誤訳・・・以後の等式はすべて方程式〕
   *誤訳の解説は以下参照のこと「『資本論』の翻訳問題」 〕

 
さらに、二つの商品、たとえば小麦と鉄とをとってみよう。それらの交換関係がどうであろうと、この関係は、つねに、ある与えられた量の小麦がどれだけかの量の鉄に等置される、という一つの等式〔Gleichung:方程式〕で表わすことができる。たとえば、
1クォーターの小麦=a ツェントネナーの鉄というように。この等式〔Gleichung:方程式〕はなにを意味しているであろうか? 同じ価値が二つの違った物のなかに、すなわち1クォーターの小麦のなかにもaツェントナーの鉄のなかにも、存在している、ということである。したがって、両方ともある一つの第三のものに等しいのであるが、この第三のものは、それ自体としては、その一方のものでもなければ他方のものでもないのである。したがって、両方のそれぞれが、それが交換価値であるかぎり、他方のものからは独立に、この第三のものに還元されうるのでなければならないのである



  
〔8. 諸商品の諸交換価値は一つの共通なものに還元される〕

 
簡単な幾何学上の一例がこのことを一見して明らかにするであろう。およそ直線形の面積を確定し比較するためには、それらをいくつかの三角形に分解する。その三角形そのものを、目に見えるその形とはまったく違った一つの表現に還元する-その底辺と高さとの積の2分の1に。これと同様に、諸商品の諸交換価値は一つの共通なものに還元されるのであって、諸交換価値はこの共通なものの、あるいはより多くを、あるいはより少なくを、表わしているのである。


  
〔9.  交換価値の実体Substanzと使用価値の捨象

 
交換価値の実体が商品の物理的な手でつかめる存在または使用価値としての商品の定在とはまったく違ったものであり独立なものであるということは、商品の交換関係がひと目でこれを示している。この交換関係は、まさに使用価値の捨象によって特徴づけられているのである。すなわち、交換価値から見れば、ある一つの商品は、それがただ正しい割合でそこにありさえすれば、どのほかの商品ともまったく同じなのである(8)
 
 
(8)「ある一つの商品種類は、もし価値が等しいならば、他の商品種類と同じである。等しい価値をもつ諸物のあいだに相違や区別はないのである。…100ポンドの価値ある鉛や鉄は、100ポンドの価値ある金銀と同じ大きさの価値あるものである。」 (N・バーボン、同前、53および57ページ。)



  
〔10. まず商品を単なる「価値」として考察する〕

 
それゆえ、諸商品は、それらの交換関係からは独立に、またはそれらが諸交換―価値として現われる場合の形態からは独立に、まず第一に、単なる諸価値として考察されるべきなのである(9)

 
(9) われわれが今後「価値」という言葉をそれ以上の規定なしに用いる場合には、それはつねに交換価値のことである。

 
11.
  諸商品の価値存在Werth seinは諸商品の統一性Einheitをなしている諸使用対象または諸財貨としては、諸商品は物体的に違っている諸物である。これに反して、諸商品の価値存在は諸商品の統一性をなしている。この統一性は、自然から生ずるのではなくて、社会から生ずるのである。いろいろに違う諸使用価値においてただ違って表わされるだけの、共通な社会的な実体gemeinsame gesellschaftliche Substanz、それは―労働である



  
〔12. 単純労働と複雑労働〕

 
諸価値としては諸商品は結晶した労慟よりほかのなにものでもない。この労働そのものの度量単位は単純な平均労働であって、その性格は、国や文化段階が違っていれば違っているには違いないが、しかし、ある現存の社会においては与えられている。より複雑な労働は、ただ、単純な労働が数乗されたもの、またはむしろ数倍されたものとみなされるだけであって、したがって、たとえば、より小さい量の複雑労働はより大きい量の単純労働に等しいのである。このような換算がどのようにして調整されるか、ということはここでは問題ではない。それが絶えず行なわれているということは、経験の示すところである。ある商品はきわめて複雑な労働の生産物であるかもしれない。その価値は、その商品を単純労働の生産物に等置するのであって、したがって、それ自身はただ一定量の単純労働を表わしているだけなのである。



  
〔13. 労働が、対象化され、物質化されている〕
     vergegenstandlicht oder aterialisirt ist.

 
こういうわけで、ある使用価値または財貨がある価値をもっているのは、ただ、労働がそれにおいて対象化されている、言い換えれば、物質化されているからにほかたらないのである。では、それの価値の大いさはどのようにして計られるのであろうか? それのなかに含まれている「価値形成実体wertbildenden Substanz」の、労働の、量によって、である。労働の量そのものは労働の継続時間で計られ、労働時間はまた時間や日などというような一定の時間部分をその尺度としているのである

  
〔14.  社会的に必要な労働時間だけが価値形成的〕

 
一商品の価値がその商品の生産中に支出される労働量によって規定されているとすれば、ある人がより怠惰またはより不熟練であればあるほど、彼はその商品を完成するのにそれだけ多くの労働時間を必要とするので、彼の商品はそれだけ価値が大きい、というように思われるかもしれない。しかし、ただ社会的に必要な労働時間だけが価値形成的として数えられるのである。社会的に必要な労働時問とは、現存の社会的に正常な諸生産条件と、労働の熟練および強度の社会的な平均程度とをもって、なんらかの使用価値を生産するために必要とされる労働時間である。たとえば、イギリスにおいて蒸気織機が採用されてからのちには、一定量の糸を織物に転化させるためには、おそらくそれ以前に比べれば半分の労働で足りるようになったであろう。イギリスの手織工は、この転化のためには、実際は相変わらず同じ労働時間を必要としたのであるが、彼の個人的な労働時間の生産物は、いまでは半分の社会的な労働時間を表わしているにすぎなくなり、したがって、それの以前の価値の半分に低落したのである。



15.  「使用価値の価値の大きさを規定」は、一つの使用価値の生産に社会的に必要な労働時間
    編集部注*ここでの「使用価値」は、慎重に検討することが必要です。 
『資本論』第2版第1章第1節第4段落において「使用価値」を以下のように定義しています。・・・・
 

 
「たとえば鉄や小麦やダイヤモンドなどのような、有用な物そのもの、または商品体を、使用価値、財貨、物品と呼んでいる。使用価値の考察にさいしては、つねに、 量的な被規定性が前提される。」したがって、「使用価値の価値の大きさ」とは、「有用な物そのもの、または商品体の価値の大いさ」を規定することを意味しています。また、この15段落では、「生産力による価値量」の比例・反比例関係が問題となっていませんので、「価値の大いさ」は中途半端な手続きのままで終わってしまいます。(古典派とアダム・スミスによる規定)
 つぎの15段落では・・・・・・・・・
 したがって、マルクスがこの第1節の叙述はイギリス古典派経済学の伝統にそった「価値量」の大いさを反復していると読みとることができます。・・・・・

    
 
(15)
 
それだから、ただ社会的に必要な労働の量だけが、すなわち、ある一つの使用価値の生産に社会的に必要な労働時間だけが、その使用価値の価値の大きさを規定するのである。個々の商品は、ここでは一般に、その商品種類の平均見本とみなされるのである(10)。それゆえ、そのなかに等しい大きさの労働量が含まれている諸商品、すなわち、同じ労働時間で生産されることのできる諸商品は、同じ価値の大きさをもっているのである。ある一つの商品の価値と他の各商品の価値との比は、一方の商品の生産に必要な労働時間と他方の商品の生産に必要な労働時間との比に等しいのである。「諸価値としては、すべての商品は、ただ、凝固した労慟時間の特定のかたまりでしかない(11)。」



 
(10) 「同じ種類の生産物は、その全体が、本来はただ一つのかたまりをなしているのであって、このかたまりの価格は、一般的に、そして特殊な諸事情にはかかわりなしに、決定されるのである」。(ル・トローヌ『社会的利益について』、893ページ。)
   
 
(11) カール・マルクス『経済学批判』、6ページ。


 
16. 
 それゆえ、もしある一つの商品の生産に必要とされる労働時間が不変であるならば、その商品の価値の大きさも不変なままであるだろう。しかし、この労働時間は、労働の生産力に変動が生ずれば、そのつど変動する。労働の生産力は多種多様な事情によって規定されており、なかでも特に、労働者の技能の平均程度、科学とその技術的応用可能性との発展段階、生産過程の社会的結合、生産手段の規模および作用能力によって、さらにまた自然事情によって、規定されている。同じ量の労働でも、たとえば豊作のときには8ブッシェルの小麦で表わされ、凶作のときには4ブッシェルの小麦でしか表わされない。同じ量の労働でも、富鉱においては貧鉱におけるよりも多くの金属を産出する。等々。ダイヤモンドは地表に出ていることはまれだ
から、その発見には平均的に多くの労慟時間がかかる。それだから、ダイヤモンドはわずかな量で多くの労働を表わしているのである。ジェーコブは、金にはその全価値がいまだかつて支払われたことがあるかどうか、を疑っている。こういうことがもっとよくあてはまるのは、ダイヤモンドである。エシュヴェーゲによれば、1823年には、過去80年間のブラジルのダイヤモンド鉱山の総生産額は、まだブラジルの砂糖またはコーヒーの農場の1年半分の平均生産物の価値にも達していなかった。もしも鉱山がもっと豊かだったならば、同じ労働量がもっと多くのダイヤモンドに表わされて、その価値は低下したであろう。もしもわずかな労働をもって石炭をダイヤモンドに変えることに成功するならば、ダイヤモンドの価値が煉瓦の価値よりも低く下がることもありうるのである。一般的に言えば、労働の生産力が大きければ大きいほど、ある一つの物品の生産に必要とされる労働時間はより少なく、その物品に結晶している労働のかたまりはより小さく、その物品の価値はより小さいのである。これとは反対に、労働の生産力が小さければ小さいほど、ある一つの物品の生産に必要な労働時間はより大きく、その物品の価値はより大きいのである。つまり、ある一つの商品の価値の大きさは、その商品において実現される労働の量に正比例して変動し、その労働の生産力に反比例して変動するのである。



17.
  
 われわれは今では価値の実体を知っている。それは労働である。われわれは価値の大きさの尺度を知っている。それは労働時間である。価値の形態、これが価値に交換-価値という刻印を押すのであるが、この形態を分析するのは、まだこれからのことである。しかし、まずその前に、すでに見いだされた諸規定をもう少し詳しく説明しなげればならない。



 
→ (1)-2. 商品-価値へ >>作業中です・・・